スタッフブログ

2019/11/19
夫婦2人で助け合いながら歩んだ50年
夫婦2人で助け合いながら歩んだ50年

平成30年2月より訪問させて頂いています。
ご本人よりラジオでこんな賞があるんだよとお話しがありました。
私が調べて奥様が申請した結果・・・・
こんな素敵な賞をいただきました。
本当に素敵なご夫婦です。
                 看護師 中原 紀美代

124-s-1.jpg124-s-2.jpg

2019/11/12
災害対応 訪問看護ステーションの場合
今年も地震や台風などの災害によって、各地で様々な被害がありました。

当訪問看護ステーションは、災害時にスムーズに対応して利用者様の安全を確保できるよう勉強会や意見の交換を行っています。

日頃から備えをし、いざというときの行動を決めて繰り返し確認しておくことで、実際の災害時に焦らず安全に行動を起こすことができます。

皆様は日頃から備えをしていますか?
あまり意識したことがない方は、まずは近隣の避難所やハザードマップを確認しておくことから始めてみるといいかもしれません。

123-s-1.png123-s-2.jpg

2019/09/30
pooマスターの研修
4日間のpooマスターの研修が終わりました。排泄・ウンチの勉強です。そう ウンチの事を4日かけて学びなおしました。食べること→体に取り込むこと→排泄することは生きる事そのもの。健康管理の全てがここにあると言っても過言ではないと思います。
在宅で排泄のコトで困っておられる方は沢山います。ひとり一人の体、排便の状態を細やかに評価し、対策をたてます。いかに気持ちよく排便できるか。食べるものや薬のこと、運動等一緒に考えながら快便を目指します!
講師の先生の地元では、市をあげて 取り組んています。うんこ分化会館まであります。

これからpoo伝ジャーとしてより多くの方に情報や技術をお伝えしたいと思います!

122-s-1.jpg122-s-2.jpg122-s-3.jpg

2019/09/04
回復支援食
硬いものが食べられない

かと言ってミキサー食やペースト食などは形がなく、香りも弱く食欲が沸かない

そんな方たちのためにイーエヌ大塚製薬で作られた摂食回復支援食「あいーと」の勉強会を、大塚製薬の方を招いて実施しました。

視覚から得られる情報量の割合は約87%と言われ、聴覚(7%)、触覚(3%)、嗅覚(2%)、味覚(1%)と比べて圧倒的な情報量を得てます。

その視覚を満足させるために見た目はそのままで、歯がなくても舌で簡単に崩すことが出来るように作られているんです。

美味しく食事を摂れることで栄養状態だけではなく、生活全体の意欲向上にもつながります。

最近食事の際にむせやすくなった、飲み込みが悪い気がする、食事が噛めなくなったなどの等の症状がある方は、看護師訪問時にご相談ください。
「あいーと」以外にも様々な栄養補助剤があります。
最近のものはとても摂取しやすくなっており、お体の状況や口の機能に合ったものを提案させていただきます。

121-s-1.jpg121-s-2.jpg121-s-3.jpg

2019/08/23
訪問看護満足度調査
8月に入って準備していた 
訪問看護ご利用者様満足度調査ご協力のお願い

ご利用者様が日ごろ、サービスをどう感じてるかを
お忙しい時間をお願いしてアンケートをお願いしています。

少しでも皆様のご期待に添えるように!

120-s-1.jpg

- Topics Board -