スタッフブログ

2018/06/13
6月9日立川グランドホテルにて(主催:多摩ALS研究会)
先日行われた多摩ALS研究会
東本町訪問看護ステーション主任岩田智子が発表する機会がありました。
「多職種連携で気管切開の意思決定支援に取り組んだALSの1例」

岩田より
貴重な時間を頂き感謝しております。
少しですが発表させて頂きました。
病院の方が多かったのですが
「退院した初日にはどうしているのか」
その点をわかっていただけたようで 本当によかったと思っています。

スタッフからは
ALSの治療開発の現実と展望、他職種連携診療がどのようなものか
知識を深めることができました。
岩田主任が発表した他職種連携で気管切開の意思決定支援のテーマでは、病院から在宅への支援がいかに重要であるかを一連の経過で学ぶことができた貴重な内容でした。

67-s-1.jpg

2018/06/06
堀ノ内病院 小堀鴎一郎先生
小堀一郎医師 NHK BS1スペシャル出演

6月10日(日)22:00- 放送予定

死を生きた人びと――訪問診療医と355人の患者』の著者、小堀一郎医師を200日にわたりカメラで追った計100分のドキュメンタリー番組。NHK-BS1スペシャル「在宅死“死に際の医療”200日の記録」が、2018年6月10日(日)22:00より。

在宅死の現実と向き合い続ける、堀ノ内病院(埼玉県新座市)在宅医療チームの小堀一郎医師80歳。森鴎外の孫で元東大病院のエリート外科医が選んだ最後の現場が、在宅訪問の「老老医療」。家ごとに異なる厳しい環境を乗り越え、「家で安らかに最期を迎えたい」という患者の願いをどう叶えるか。



66-s-1.jpg

2018/05/31
多摩ALS研究会
6月9日立川グランドホテルにて(主催:多摩ALS研究会)

東本町訪問看護ステーション主任岩田が
「多職種連携で気管切開の意思決定支援に取り組んだALSの1例」の発表があります。
経験・実績のある看護師です、また発表後に感想等をアップしていきたいと思います。

さて ステーションの庭もにぎやかになりました。
梅雨がまじかに迫ってきています。
どうぞ体調管理にきをつけて お過ごしください。

65-s-1.jpg65-s-2.jpg

2018/05/04
死を生きた人びと
堀ノ内病院訪問診療医の小堀鴎一郎先生の本です。
訪問診療医として355人の患者と向き合ってこられ、先生の想いがいっぱい詰まった本です。
ぜひぜひ 手に取って読んでほしいなと思います。

64-s-1.png

2018/04/20
平成30年度診療報酬改定
4月も慌ただしく過ぎていく中で
平成30年度診療報酬改定の書類ができあがり
やっとご利用者様のご報告ができます。

ご不明な点などございましたら、何なりとご連絡ください。

春らしくなり、今日は夏日だとか・・・
くれぐれも体調管理に気を付けてお過ごしください^^

63-s-1.jpg63-s-2.jpg63-s-3.jpg

- Topics Board -